メールリンクをGmailに連携させる方法

WEBページ上にあるメールのリンクをクリックすると、Outlook等メールソフトが起動してしまうことがあります。

以下の操作をすることで、メールのリンクをクリックするとGmailの新規作成画面が出るようになります。


Chrome で Gmail を開くと、アドレスバーに下のようなアイコンが表示されることがあります。

プロトコル ハンドラ アイコン といい、ここでは 「mailto」 リンクでメールプログラム(Gmail)を開くことができるハンドラを要求するメッセージが出ています。

メールリンクを Gmail に連携させて、WEBページ上のハイパーリンクのメールアドレスをクリックすると、Gmail の作成ウィンドウが開くようになります。

※Chrome 限定。

ハンドラをインストールし Gmail を連携させる


1.プロトコル ハンドラ アイコン をクリックして mailto のオプションを開きます。

2.[許可] をオンにし、[完了] をクリックします。


[拒否] → これまでどおりの方法でメール リンクが開かれます。

[無視する] → 次回以降、Gmail にアクセスしても要求が表示されなくなります。

ブラウザの設定ページでできること


ブラウザのツールバー右上のChrome menu をクリックし、

[設定] > [詳細設定を表示] > [プライバシー] > [コンテンツの設定]


サイトからのプロトコルリンクに関する登録要求メッセージをを無効、または有効にする設定ができます。

[ハンドラを管理] で、許可したハンドラ機能を管理できます。

[ハンドラを管理] をクリックするとリストが表示されます。

リスト内でプロトコル横の▼プルダウンメニューより、デフォルトで使用するウェブサービスを選択、または削除することができます。