バックアップ、データ移行(TKUメールのダウンロード)

★このページで紹介する方法は、少々難易度が高いです。


このページの手順でのメールのバックアップは「MBOX」形式で保存されます。

この形式の場合、メールソフト(Thunderbird等)を使って見ることになります。

(本ページの後半にその方法を載せています)

自信がない方は、以下の方法でバックアップ、移行をお願いします。


バックアップ、データ移行(TKUメール、Uドライブ等)

バックアップ、データ移行(フリーソフトによるバック・アップ)

メールのデータをコピーしてダウンロードする方法です。

メールのほかにもドライブやカレンダー等のサービスもまとめてバックアップを取ることが出来ます。


1.TKUメールにログインします。ログイン画面はコチラ

 メール画面、右上のアカウントアイコンより、[ アカウント ] をクリックします。

2.[ コンテンツの管理 ] をクリックします。

3.[ アーカイブを作成 ] をクリックします。

4.アーカイブするデータにチェックを入れ、[ 次へ ] をクリックします。

 [ 選択を解除 ] をクリックで任意に選択できます。

5.ファイル形式、アーカイブのサイズ、配信方法を選択し、[ アーカイブを作成 ] をクリックします。

  例:ZIPファイル、ファイル一つ当たりのサイズを2GB(最大)、ダウンロードリンクをメールで受け取る

6.データのサイズにより、アーカイブの作成に時間がかかる場合があります。

7.アーカイブが完了しメールを受信しました。 [ アーカイブをダウンロード ] をクリックします。

8.パスワードの再入力が求められます。入力し、ログイン。

9.[ ダウンロード ] をクリックでファイルのダウンロードがはじまります。[ 完了] をクリックで終了します。

10.zip形式でダウンロードされます。ダブルクリックで解凍します。

 フォルダを開くとGmailの迷惑メール、ゴミ箱のメールを含むすべてのメールが、.mbox形式で保存されています。

★メールソフトThunderbirdのアドオン [ ImportExpoerTools ] を使ってメールを読んでみる★


ダウンロードしたファイルが実際にメールソフトでみられるか試してみました。

1.Thunderbirdを開き、[ ツール ] > [ アドオン ] からアドオン検索で [ ImportExportTools ] を探しダウンロードします。

2.ダウンロード後アドオンの拡張機能タブの [ 今すぐ再起動する ] をクリックし、Thunderbirdを再起動します。

3.ローカルフォルダ上で右クリック > [ ImportExportTools ] > [ mbox ファイルをインポート ] >[単一または~・・] を選択します。

4.メールが表示されます。