Google+ページの作成方法

Google+とは?

  Google+ ページとは、Google+ 上で、企業や商品、ブランド、組織の認知度を高めるのに有効なツールです。Google+のアカウントがあれば無料で作成できます。

  企業やブランドに興味のあるユーザーが、Google+ ページを「サークルに追加」することで、対象のページ上で発信している情報を受け取れるようになります。
  ユーザーがGoogle+ ページをサークルに追加した後、Google+ ページはそのユーザーをサークルに追加することができます。

  一方通行ではなくて、ある程度のコミュニケーションがとることができ、ユーザーからユーザーへだんだんと広がっていくのが特徴です。

プロフィールとの違い

  Google+の個人プロフィールは、一人のユーザー専用ですが、Google+ ページは、企業、団体、製品、サービスの公式のページとして作成することができます。

  公式ページの概念からGoogle+ ページはプライバシー設定が規定で一般公開となります。

  Google+ ページは、5つのカテゴリーに分類することができます。選択したカテゴリーによって、登録できる項目などが異なります。

     ・地域のお店や場所
     ・商品/ブランド
     ・会社、機関、組織
     ・芸術、エンターテインメント、スポーツ
     ・その他

  また、Google+ ページには、自動的に「+1ボタンが」付けられます。
  +1は訪問者がページを気に入ったことを表す、Facebookでいう「いいね!」のようなものです。

  Google+ ページでは、最初に相手にページを追加してもらうか、@ 付きの投稿を送信してもらわないと、他のユーザーをサークルに追加できません。

Facebookページとの違い

  機能的な差はほとんどありませんが、Facebookページでは、配信している情報は、「いいね!」と言っているすべてのユーザーのニュースフィードに届けられます。

  Google+ページでは、サークルに追加してくれたすべてのユーザーに情報を届けることもできますし、「サークル」を利用することで限定配信することができます。
 
  例えば、デフォルトで設定されている「VIP」というサークルには、お得意様のユーザーだけを追加しておきます。
  そして、お得意様限定のお知らせがあるときにこの「VIP」というサークルだけに案内を配信することができます。
  サークルに追加しているユーザーの投稿を見たり、コメントしたりすることもできるので、「VIP」のユーザーの投稿は必ずチェックして、
  できる限りコメントをしてコミュニケーションをとる、といった運用も可能です。
 
  ユーザーがGoogle+ ページをサークルに追加した後でないと、Google+ ページはそのユーザーをサークルに追加することができないので、
  サークルにいるユーザーは相手も必ずサークルに追加してくれているため、情報の配信がされないということはありません。
  ユーザーがサークルから削除した場合、自動的にページのサークルからも削除されるようになっています。

  ページに集まってきたユーザーに対し、より極め細やかな情報配信やコミュニケーションができるといえます。

 

作成方法
 
1.Google+作成ページにログインします。(こちらから)
 
2.カテゴリを選択します。
 
3.「ページ名、ウェブサイトのURL、カテゴリ」などを入力し、
  規約に同意をチェックした上で「作成」をクリックします。
 
4.しばらくページ作成の画面が表示されます。
 
5.キャッチフレーズ、プロフィール写真の変更を行います。(後でも可)
  「続行」をクリックします。
 
6.新しいページを共有します。「Google+で共有」ボタンをクリックし、「完了」ボタンをクリックします。
 
7.投稿画面が表示されるのでページに投稿します。
 
8.Google+ページを確認できます。
  

参考。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

Comments