Google+ とは?


 



「Share what's new」
(最近の出来事を共有しよう)
 
 
 

Google+ とは、Google が提供する SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のひとつです。
Google 全体で約120のサービスがGoogle+ を統合し繋いでいます。
 
実際の生活の人間関係で共有しているかのように情報の共有を web 上で実現するサービスです。
伝えたいこと、共有したいことは、自分との関係で家族だけ、親友にだけ、ゼミのグループに、趣味の仲間に、とそれぞれ違うのでは?
情報を共有する相手を適宜にサークルを作り分類することで、web 上で実際の生活で感じるような社会的つながりを作るのが Google+ の要です。
そのため実名での利用が推奨されています。
個人情報の公開範囲や著作権の注意、個人や団体への誹謗・中傷をしないなどのマナーも実生活のマナー同様に配慮が必要です。

主な機能と特徴

友達を「サークル」で分類。 家族の輪、ゼミの輪、クラスの輪、趣味の仲間の輪など自由に作成。


●「ストリーム」から自分が気になる情報だけを得られるようサークルで直感的に管理。
企業・団体が作るコミュニティ「ページ」をサークルに追加し情報の取得や交流ができる。
ハングアウト」で友達と顔を見ながら最大10人と話せる。
ブラウザに拡張機能を追加してストリームから Twitter、Facebook にも投稿。
モバイルを使って外出中でもハングアウトしたり、写真をインスタントアップロードでwebに保存。

共有いろいろ
ホーム画面に情報の流れ「ストリーム」が表示され、自分や友達の投稿(友達のニュース、写真、動画など)を共有。
Sparks 」で関心のあるトピックを選んで動画、記事などを自動で探して表示や、友達と共有。
+1」ボタンをクリックで、自分の「おすすめ」情報を知らせたり、コメントを付けてサークルに送信し友達と共有。
 
参考。Google+ ヘルプ
http://support.google.com/plus/?hl=ja