Google Public Data Explorer とは

「我が国のGDPは・・・中国は・・・」とか、「日本の出生率は先進国の中でも・・・」
とデータを調べたり簡単にグラフで見たいときに、

Google Public Data Explorer」 は、大量の公共データから必要なデータを簡単に探してグラフ化できるツールです。

Google Public Data Explorerを使えば、以下のようなたくさんのデータを視覚的に表示することができます。

 ・議会の男女比率(UNECE)
 ・地方自治体別の人口密度(Statistics Catalonia)など

探し出したデータはリンクを作成したり自分のウェブページに埋め込むことができます。
埋め込まれたグラフやリンクは自動的に更新されます。


webページに埋め込んだ例

 ヨーロッパの一般政府黒字と赤字  <折れ線グラフ>

グラフにマウスオンしてみてください。[データを分析] をクリックで Public Data にリンクします。

※InternetExploer で読み込み時間がかかる場合、Chrome、Firefox などをご利用ください。



利用方法

Public Data Explorer にアクセス→ http://www.google.com/publicdata/directory


手順1.
Public Data Explorer を開き、左メニューの「データセット」や「指標」から選択するか、検索ボックスに気になる指標を入力します。



手順2.
データを選択、比較項目にチェックすると、グラフが生成され、このグラフをクリックすることで、データが視覚的に表示されます。



手順3.
折れ線グラフから分布図に切替える、こともできます。右上の [グラフタイプセレクタ] をクリックで4種類のグラフに切り替えます。



手順4.
<折れ線グラフ> から <分布図> に切替えてみると。。 黒字 or 赤字、その大きさが相対的に比較でき分かりやすいです。

グラフにマウスオンしてみてください。

いろいろ比べてみるだけでも面白いので、ぜひ一度試してみてください。
 

参考

英語版もあります。日本語版よりデータが多く、米国政府やEUが発表するデータが公開されています。




参考URL