子ラベル機能を使ってみる

メールをラベル分けしていても、さらに細かく分けたらラベルばかりが増えてしまう…
そんな時は子ラベル機能を使うと便利です。
ラベル(親ラベル)の下に階層化したラベル(子ラベル)を作ることができます。
ファイル 85-9.png


子ラベルを作成する

1.まず、ラベルを作成します。ラベルの作成方法についてはコチラから。
  ここでは例として「大学」という親ラベルを作成します。

ファイル 85-1.png


2.次に子ラベルを作成します。「新しいラベルを作成」ボタンをクリックします。

ファイル 85-2.png


3.「授業関連」という子ラベル名で作成してみます。
  「次のラベルの下位にネスト」で「大学」を選択します。「作成」ボタンをクリック。

ファイル 85-3.png

 ※補足
  子ラベルの下にもさらに子ラベルを作成することもできます。

ファイル 85-4.png


4.メール画面の左側に「大学」のラベルが表示されます。
をクリックすると子ラベルが展開されます。
をクリックするとラベルの色や表示についての設定等が行えます。

ファイル 85-5.png

5.ラベルに色を付けてみました。

ファイル 85-6.png


6.メールにラベルを付けてみます。
  「ラベル」より、任意のラベルを選択します。
  (一つのメールに対して複数のラベルをつけることも可能です。)

ファイル 85-7.png


7.ラベルが付きました。

ファイル 85-8.png

Comments