ドキュメントの公開1 ★ウェブページとして公開

Googleドキュメントは公開することができます。文書、スプレッドシート、プレゼンテーション、描画図形を公開すると、URL が提供され友人と共有することができます。

ウェブページとして公開


1.公開したいドキュメントを開き、ページの右上にある [共有] プルダウンメニューの、[ウェブページとして一般公開]をクリックします。
ファイル 98-1.png


2.[公開開始] ボタンをクリックすると表示される、「tku.ac.jpで誰でも・・・」のメッセージの [OK] をクリックします。
ファイル 98-2.png


3.「ウェブに公開」ダイアログが表示されます。公開データへのリンクを取得の初期設定「ウェブページ」を選択したまま [閉じる] をクリックします。このリンクをコピーし共有したい相手に知らせます。
 注)リンクを教えた相手は、「限定公開」 のリストに含まれていないときもアクセスは可能です。Googleドキュメントは、ドキュメントを一般公開すると、オリジナルとは別の一般公開バージョンのウェブページが作成され、リンクを知っていれば誰でも閲覧できます。共有設定で権限を与えたユーザーのみがオリジナルのドキュメントを閲覧、編集できます。
ファイル 98-3.png


4.公開されたスプレッドシートです。
ファイル 98-4.png



参考。Google Docs ヘルプ
http://docs.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=37579&topic=1360896

Comments